Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ

2014年10月01日

限定生産品 予約受付 煌 V金10号 和式ペティナイフ 漆塗り錫ちらし柄 片刃

ご訪問いただきまして有難うございます。

限定生産品のご案内を致します。

ご好評をいただいております 煌 V金10号 漆塗り錫ちらし柄の仕様で
片刃 ぺティナイフ 150mmを製作いたします。

通常商品として 両刃をお作りしておりますが 今回ご依頼がありまして 片刃をお作りすることになりました。
本数を限定して製作いたしますので 予約を承ります。

--商品詳細--

商品名: 煌 V金10号 和式ペティナイフ 漆塗り錫ちらし柄 片刃
実寸刃渡り: 150mm
元厚: 2mm前後 
価格: 35700円
仕上がり:12月初旬

※刃元の厚みが 両刃より少し厚めにになります。その他の仕様に関しましては 現在お作りしております両刃ぺティナイフと同じです。

※ご購入を希望される場合は 予約の時点で半額以上のご入金をお願いしております。

ご興味のある方 ご予約を希望される方は お問合せフォームより ご連絡いただきますようお願い致します。


2014年03月28日

2014/3/31 正午~2014/4/1 正午 のご注文方法に関しまして

堺一文字光秀をご愛顧いただきまして有難うございます。

4月1日の増税に伴いまして価格の書き換えをいたします。
システムの都合上 2014/3/31 正午~2014/4/1 正午の間は 注文ボタンが非表示になります。
その間のご注文方法は以下になりますので ご協力宜しくお願い致します。

ご注文は お問合せよりお願い致します。

御住所
御名前 
お電話番号
メールアドレス
を正確にご記入の上 お問い合わせ内容で
商品名(商品ページのアドレスを貼り付けることもできます)
サイズ(刃渡り)
個数
その他 必要事項をお知らせください。

お支払い方法はカード決済画面が使えませんので 代金引替え もしくは銀行振込み のみとなります。

この間 サイト上のHTMLで表示されております価格も順次書き換え予定をしておりますので 商品によって8%に書き換わったものと まだ書き換えていないものがでてきます。
ご注文いただいたものにはすべて消費税5%を適用いたします。

お手数をおかけいたしますが ご協力のほど宜しくお願い致します。

2012年09月23日

作家もの?

弊社の社員は 器用な人が多いです。
包丁研ぎ 柄替え 名入れなど仕事自体が器用さを求められているということもありますが 若い男性社員は料理など 家事もこなしているようです。(まあ 未だに一人暮らしを余儀なくされているということもありますが・・)
仕入先にもまた器用な方が沢山おられて こんなの作った と持ってこられます。
一応 値段をつけて 商品として並べていますが 作るときの試行錯誤と手間を考えると決して高くはない価格設定と思います。

この亀と鶴は 四角い銅版を折り紙と同じ折り方で折ったもの。折るというより叩いていくと言ったほうがいいかもしれません。 全体の大きさは3cmに満たない小さなものです。 鶴に関してはこの半分の大きさでも折れるとか。
0.jpg


薔薇の花びらは一枚一枚叩きだしてあります。できた時はピカピカでしたが時間が経って 昭和っぽく変化してきました。
%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg


このダックスフンドを作るにあたっては ペットショップに通いどうすれば可愛くなるか研究したそう。見上げる角度にこだわったとか。金属のフチは全部丁寧にみがいてあり 足の裏はちゃんと蓋がしてあります。おまけに 胴と頭がバネでつながっているのでうなずく という芸までできます。
%E5%86%99%E7%9C%9F3.jpg


先日も弊社の社員の結婚式で1mはあるかというスプーンをつくり  花嫁さんがウェディングケーキをそのスプーンで花婿さんに食べさせてあげていました。
sakka.jpg


この4点を作ったおっちゃんの本業は 打ち出しのお鍋などの銅器製作です。
4点目はアルミで出来ていますが 打ち出し技術はさすがでした。


これで食べると・・・・
120928.jpg

愛情溢れてます????


店頭には 色々面白いものがあります。
おいおい紹介させてください。 

2012年08月05日

皮鞘

新しい皮鞘が出来上がりました。

作っていただいてた職人さんが高齢で引退され 欠品していた洋包丁の皮鞘ですが 新しい方が見つかり製作して頂くことになりました。
きっちり 丈夫な鞘をお願いしたのですが 希望通り前にも増して良いものが出来上がってきました。
型は弊社のオリジナルで 長い間お使いいただけるように縫い目の最後をハトメで止めて 皮の裁断口にも塗料を塗っています。ボタンもしっかりついています。
今回は弊社の「煌」のロゴをいれました。

牛刀には木鞘もありますが やはり洋包丁らしい鞘を探しておられる方もいらっしゃって 次回はいつできますか?というお問い合わせに お断りのメールを何度かいたしました。もしそんな方がこのブログを見てくださっていたら 嬉しいです。

牛刀用 180mmから300mmの5サイズ
筋引き 240mmと-270mmの2サイズ
ぺティナイフ用 120mmと150mmの2サイズ
骨スキ用
三徳包丁用

がござます。

kirameki%20.jpg


%E8%87%AA.jpg

2012年06月08日

包丁大全

WORLD MOOK mono 特別編集 「包丁大全」に掲載されました。
道具で料理がいっそう楽しくなる というテーマで沢山の包丁と 研ぎ方 歴史などが掲載されており マニアでなくとも 包丁に興味のある方でしたら必見です。
弊社にも取材があり 店舗の写真 スタッフの写真などを載せて頂いています。
興味のある方は弊社でも販売しております。一冊1143円です。

6.8.1.jpg

6.8.2.jpg


ネットに載せる為に弊社でも写真はよく撮りますが やはりプロは違う。

2012年05月04日

フランスの雑誌にのりました

本日 フランスの方が「覚えていますか」 と1冊の雑誌を持ってきてくださいました。

何年か前にその方から取材を受け、それを載せた雑誌ができたのでわざわざ弊社に寄ってくださったようです。

    そういえば記憶の中にうっすらと。でも残念ながら書いてあるフランス語は理解できません。ごめんなさい。

中を見ると2年位前でしょうか?
フランス語で 見開き2ページ 立派な紙面
 
それにわざわざ持ってきてくださって 本当に感謝です。



2012年04月23日

漆といえばお正月に使う重箱などの使用説明に「ぬるま湯で洗ってください」など扱いが難しく、水を使う包丁の柄や鞘には不向きなのではないかと心配でした。
職人さんにお話を聞いてみると、漆は古代より塗料としてだけではなく接着剤としても使用されており そんなにやわなものではないということがわかりました。
汚れればスポンジで洗剤をつけて洗えますし腐敗防止 防虫の効果もありめったに剥がれることもないということです。
長い間使っても変わらない柄がほしい そんな要望に合わせて黒呂柄の包丁ができました。
そしてこの包丁に合った鞘があればということからシンプルな漆のさやを作りました。

柳刃 拭漆 面呂色鞘
8寸用 7928円
9寸用 8085円
尺用 8295円
尺一用 8400円

包丁はこちらから


出刃 拭漆 面呂色鞘
5寸用 12337円
5.5寸用 12495円

煌は螺鈿です。


もちろん一点一点手作りです。

嬉しいことに 売り場に出してすぐにお買い上げ頂きました。
なので現在包丁は各サイズありますが 鞘は柳 尺一用 出刃 5.5寸用しかございません。 
今赤呂の柄にあった鞘も製作中です。

2012年03月22日

さくら

時は瞬く間にすぎて・・・・

東大寺のお水取りは終わったというのに まだまだ風の冷たい日が続きます。
弊社のメンバーは 花粉症の人 風邪の人 色々ですが みんなおおむね元気で頑張っています。

大阪の開花予想日は3月31日 桜が咲けば緑が萌え 体も軽くなるような気がします。

さくらの包丁をご紹介します。
サンドブラストで一本ずつ彫っています。型紙を起こし バランスを考え平に置いて 吹き付けます。
細かい 緻密な作業です。
 

銀三鋼 和式三徳包丁 一位八角柄 白鞘付 18900円
銀三鋼 柳刃 墨流し 鏡面 300mm 桜八角柄 桜鞘付 73500円
V10鋼 柳刃 210mm 黒檀八角柄 28612円



三徳にさくら   使う時だけの密かな楽しみ   贅沢です。
尺の柳に桜   お客様の前で ハレの包丁さばき   見栄えのする逸品です。

春の初めはやっぱりさくら 
お花見のついでに 弊社のさくらも見て行ってください。

大阪 難波駅から徒歩7分 今年100周年を迎えた 吉本のすぐ近くです。


2010年11月11日

刃物供祭

11月8日 岐阜県関市の刃物供養祭に行ってきました。

1.jpg


関市は刃物の産地で、特に洋包丁 アウトドアナイフが有名です。

産地のリサイクルの取り組みの一環として刃物の回収をしています。
平成7年より役目を終えた刃物の回収を始め 平成22年現在では860個のボックスを 全国のホームセンターや刃物専門店に設置しています。
弊社でもリサイクルボックスを置き、いっぱいになると関に送っているのですが その先を見届けることができました。

今年は35000丁の刃物が集まりました。
hamonokuyou1.jpg

ハガネとステンレスに分けて箱に入れられ 供養されます。

hamonokuyou2.jpg

供養の後、大同特殊鋼の御協力で新しい鋼にリサイクルされ 再びmade in Japanの刃物としてよみがえります。

hamonokuyou4.jpg

御不要の刃物がありましたら お持ち下さい。
宅急便でも受け付けております。
詳細はこちらにございます。


  

2009年04月08日

最古の鉄剣

包丁の歴史コーナーに書いてますように、包丁に最も適した材料である鉄を、人類は3000年前に、鉄鉱石から取り出す技術を身につけました。

しかしその技術を身に付ける以前から ごくわずかですが、鉄そのものが地表に存在し それを私たちの祖先は大事な貴重品として利用していました。
その鉄とは一体どこからやってきたのでしょう?

鉄は隕石として 宇宙からやってきたといわれています。
宇宙から地球に降る隕石は空気との摩擦によって 殆どが地表に達する前に燃え尽きてしまします。
ですがごくたまに地表に到達するものがあります。
それには純度の高い鉄が含まれています。
本来地球に存在する鉄は酸素と結合して自然に錆びた状態です。
宇宙からやってくる鉄は 猛烈な摩擦熱が酸化鉄から酸素を奪い(還元)錆びていない状態でやってきます。自然の溶鉱炉です。

昨年の9月に福岡市で開かれた日本分析化学会において 東京理科大と中近東文化センターなどの共同研究の結果 トルコで発掘された約4300年前の最古の鉄剣は鉄隕石を原料としてつくられた可能性が高いと発表されました。 

鉄剣はトルコのアンカラ郊外の王墓で70年前に発見されました。
その鉄剣が隕石から作られたという根拠となったのは ニッケルの含有度です。
地球の鉄にはニッケルが殆ど含まれないが、隕石には通常約5パーセント以上のニッケルが含まれています。そしてX線で成分分析の結果、この鉄剣には7パーセントのニッケルが含まれていることが判明しています。
稀にしか存在しない地表の隕石であるため、古代では王や権力者しか鉄製品を用いることができなかったのです。
分析した東京理科大の中井泉教授(分析化学)は、「鉄隕石を切り出し、打ち延ばして作ったのではないか。鉄は当時、金よりも貴重だった。人類と鉄の関係を考える上で非常に意義深い」と話されました。

 鉄を人類が作り出せるようになってから、人口が増大し文明が飛躍的に発展しました。
 鉄が人類史に大きな影響を与え続けていることは言うまでもありません。

Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.