Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
  包丁の話  
和包丁と洋包丁の違い
製造工程 各部分の名称 刃の断面 柄の仕様 種類と用途
ハガネ付け ・地金(軟鉄)を炉で熱する
・たたいて地金の不純物を除く
・硼砂と酸化鉄を接合剤としてハガネをつける


鍛接の場合は ハガネと軟鉄という2つの硬さの違う材料を合わせます。合わせることにより それぞれの長所を備えた硬くて粘りのある複合材ができあがります。
本焼はハガネのみを使います。
先付け ・再び炉で熱してハンマーでうちのばして包丁の形をつくっていく

たたくのは単に形をつくるだけではなく、たたくことにより鉄の組織が細かくなり不純物が逃げるからです。何度も繰り返したたきます。
焼きなまし ・炉に入れて加熱し柄になる部分を打ち伸ばしてつくる
・わら灰の中で自然にさましていく

ゆっくり冷ますことにより内部のひずみを取ります。
型断ち ・粗たたきをしたり、はみ出した部分を切り取ったりして包丁の形を整え、そりやゆがみを修正する

各包丁のバランス、形はこの時点で決まります。
焼き入れ ・焼ムラが出ないように包丁に泥を塗り充分に乾いたら800℃位の高温で加熱し一気に冷やす

この過程がうまく出来ないと「なまくら」になってしまいます。
この時点では硬いけれど刃こぼれしやすい状態です。
水で冷やすのを水焼、油で冷やすのを油焼といいます。水の方が沸点温度が低いのでより硬くなり、油は沸点温度が高くゆっくり冷えるので粘りが出ます。
焼き戻し ・もう一度低温の炉に入れて自然に冷ます
・木台の上でたたいて修正する


自然に冷ますことによって硬くて粘りのある刃こぼれしにくいハガネとなります。この段階で包丁本体の地金が出来上がります。
研ぎ上げ ・回転式の砥石で荒砥ぎをし、だんだん目の細い砥石で
研いでいく
・人造と天然の砥石を使い分け平研ぎ、裏すき、切刃、しのぎを
研ぎだす
・羽布研磨機で磨き表面に光沢を出す
・その後手研ぎで本研ぎをする


焼きがもどらないよう充分に水をながしながら研磨していきます。
羽布で研磨することにより、表面の研ぎ目が細かくなりさびにくくなります。この時点でもう一度重さや厚みを調整し、刃が出来上がります。
その後銘を切ります。
柄付け ・火床で温めた中子を柄の角穴に差し込む
・木槌で柄尻をたたき仮入れする
・入れた中子を抜いて特殊接合剤を入れ再び差込み固定する


接合剤を使う事により柄が抜けにくく、中子にサビがまわるのを防ぎます。その後こじ棒でひずみを直し最後の点検をします。
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.